豊富に揃う小顔整形施術

注射

原因や悩みに合わせてセレクトしよう

目指すべき小顔は一緒でも、原因が異なれば小顔になる方法もそれに合わせ、最適な整形施術を選ばねばなりません。その点、美容整形クリニックでは小顔になる方法が豊富にラインアップされているため、ピッタリな施術で治療可能です。もしもフェイスラインの角張りを改善したいなら、咬筋を細めるボツリヌス注射や、骨を直接整形する骨切り治療などが適しています。前者は注射で治療するだけのプチ整形であり、後者はメスを使う本格的な外科手術です。なので小顔を邪魔する原因が筋肉にあり、手軽に治療したい時はボツリヌス注射を利用し、原因が骨にあるなど、プチ整形では対処できない状況では後者を利用します。ただし骨だけでなく咬筋も肥大している状態では、後者の場合でも咬筋の摘出手術を追加したり、ボツリヌス注射を活用して理想の小顔に改善するのが一般的です。そして骨格やエラに原因はなく、脂肪が小顔を邪魔している状態なら、BNLSなど脂肪溶解注射の利用がベターとなります。脂肪吸引では不可能な小鼻のダイエットにも活用できるため、部分痩せで小顔を目指したい時に重宝する整形施術です。

はたから見ても明らかに分かるエラの張り出しはコンプレックスになりますが、明確な原因がない状態でも悩むケースがあります。たとえば皮膚のたるみにより、どことなく顔が大きく見えるパターンもその1つです。この状況ではボツリヌス注射も有効ですが、エラを治療する時のように筋肉へ注入することはありません。この小顔になる方法では筋肉内部よりもう少し上を狙い、極浅くボツリヌス製剤を打っていくのです。基本的に広い範囲へボツリヌス注射を行いますが、首や頬など、どの部分まで施注範囲を広げるかは、肌のたるみ具合やドクターの判断で異なります。エラを治す小顔になる方法と同じく、普通より細めの注射針を使うクリニックが多いため、内出血や痛みも少なく負担が軽いのも魅力です。さらに、ほとんどの美容整形クリニックでは麻酔クリームを塗ってくれるので、注射時の痛みも感じにくくなっています。ですが痛みに対して不安がある場合は笑気ガスの使用を依頼するのが良く、この麻酔を用いれば緊張感も和らぐので安心です。

Copyright© 2019 美容整形手術によって確実に小さな顔立ちになる All Rights Reserved.